しわの原因と筋肉の老化

しわがふえる原因の一つに、筋肉が衰えることがあります。表情筋として使われることが少ないために、しわがはっきり見えるようになる部分とは、目もとのしわ、口もとのしわ、ほうれい線です。

逆に、筋肉がしょっちゅう動くためにしわになったりもします。顔のしわに関しては顔の筋肉である表情筋が老化することによって、かお全体がゆるみ、さらに肌のたるみとなってあらわれるようになります。

皮膚が水分を失い、たるみやすくなるのが、しわの原因です。顔の表情筋が老化してしまうと、実際には肌はどうなってしまうのでしょうか。

ほっぺたが、骨格と表情筋によってふくらみ気味に見えた場合でも、表情筋が皮膚を支えていられなくなると、肌自体の重みで下方向に下がっていきます。ほうれい線は、頬など顔全体の皮膚がたるむようになるにつれて目につき出します。

頬の肉が垂れさがれば、それだけ皮膚は自身の重みで下方向に皮膚を引っ張るようになり、目の下にもしわができます。目の下にしわができるほど引っ張られると、合わせて目の脇辺りも垂れてきて、ちりめんしわといわれるものができてしまうのです。

顔は1枚の皮膚でできていますので、一つ皮膚が垂れさがる部分があればそこが起点になって、さらなるしわができます。しわの原因はいろいろとありますが、自分のお肌の状態を普段からよく見て原因に適した肌のケアをする事が大切です。